再生医療とは

REGENERATIVE MEDICINE

「再生する力」を活かした最先端の医療

再生医療とは、誰もが持っている自然治癒力=「再生する力」を生かした最先端の医療です。みなさんも一度は経験されているかと思われる、すり傷を負っても徐々にかさぶたが出来て“自然と傷が治る”皮膚の再生など、本来ヒトが持っている「再生する力」を活かした最先端の医療です。

約60兆個の細胞から人はできている

私たち人間のカラダは、約60兆個の細胞から成り立っていると言われています。生命は、卵子が精子と結びつき受精卵となり、徐々に細胞分裂を繰り返し、やがて神経や筋肉、骨、皮膚などを形成し、ヒトの形となるまでには約40週間かかります。常に新しい細胞と入れ替わりながら命(いのち)を維持していますが、元をただせば、たった1つの細胞からはじまりました。

ヒトに限らずですが、生き物の最小単位は細胞の一つ一つであり、その集まりが個体となっています。ヒトも細胞単位で遡っていくと一つの受精卵である、ということが言えます。

細胞の代表格 “幹細胞”

私たちの細胞には、受精卵のように様々な細胞に姿を変えることのできる能力を持った細胞が少しだけ存在しています。その代表格が幹細胞です。幹細胞は普段カラダの奥で眠っていますが、壊れて働けなくなった細胞をみつけたり、細胞の数が減って足りないと判断すれば目覚めて、自ら分裂しその細胞を補うことで、カラダの機能を修復してくれます。

幹細胞には、色々な細胞に分化(変化)する能力があります。つまり、心臓、肝臓などの臓器、皮膚などの組織、関節や骨や軟骨や筋肉にもなり得る細胞です。

“幹細胞”を利用した医療“再生医療”

人のカラダには、損傷したり弱ってきた部分を修復しようとする働きが備わっています。幹細胞を利用した再生医療は、この修復しようとする幹細胞の働きを何十、何百万倍にも増幅させて、ダメージを受けた血管や機能不全になった臓器に集中的に働きかけ、機能回復をすることで、本来カラダがもっている正常の機能に再び戻すこと(再生)を目的とした医療です。

つまり、運動や食事、静養などご自身では叶わなかったカラダの機能回復を自分の“細胞”の力で行う、それが朱セルクリニック福岡院で行っている自己脂肪由来幹細胞治療です。

最先端の医療技術
自己脂肪由来幹細胞治療

自己脂肪由来幹細胞治療は、この幹細胞を生体外で培養し一定の量まで増やしてから患者本人のカラダに戻す方法です。国内外の数々の医療研究機関によって効果やメカニズムが研究されています。また、自分自身の幹細胞なので安全性も高くアレルギーや拒絶反応といった副作用がありません。今、最も注目されている最先端医療技術です。 幹細胞は、骨髄やさい帯血、内臓臓器や脂肪などの中にいますが、当院では身体への負担が少ないお腹の脂肪を採取しております。

自己脂肪由来幹細胞治療について
もっと詳しく

プロスポーツ選手が行なっている
最先端の治療 PRP療法

PRP(Platelet-Rich Plasma)療法は、自分の血液から抽出した血小板の濃縮液(PRP)を患部へ注射などで戻す治療法です。血小板は様々な成長因子(グロスファクター)を分泌しています。濃縮したPRPに含まれるその成長因子は、通常の3〜5倍と言われていて組織の修復やダメージの治癒がより進み、痛みが抑制されると言われています。現在は様々な医療機関でも取り扱っており手術の必要がなく、特にプロスポーツ選手にはよく見られる治療です。

PRP療法について
もっと詳しく

国内トップクラスの
CPC(細胞培養加工室)と連携

再生医療に欠かせない細胞培養に関しては、Cell Processing Center (CPC)と連携。CPCは、脂肪由来の幹細胞は培養するだけでも難しいと言われている中、その「生存率の高さ」と「適正な大きさ」で高い水準を実現させている国内でもトップクラスの細胞培養加工施設です。

CPC(細胞加工施設)について
もっと詳しく