毛髪再生(AGA)

ANDROGENETIC ALOPECIA

女性も男性も安心して受けられる治療法

PRP(多血小板血漿)毛髪再生療法とは

PRP(多血小板血漿)とは、自身の血液を遠心分離にかけ血小板を抽出したもの、いわゆる血小板を濃縮した液体のことを言い、新しい組織や細胞の成長を促す栄養素が豊富に含まれています。 ご自身の頭皮部分組織を再生し、発育不全の毛根に対し育毛を促進する最先端の再生美容治療です。

PRPは、他にも整形外科領域などにも取り入れられ、多くの実績をあげています。

もっと詳しく見る

PRP療法では患部にあえて小さい傷を作り、治癒(修復)することを怠り慢性化してしまった患部を「今現在ある危機」の状態にします。そして血小板の修復させる作用を利用し高濃度にした血漿(PRP)で修復能力を高め、自分の治癒能力で根治しようという考えのものです。修復機能に優れたPRPを注入することで、頭皮では毛母細胞の生成と成長が活発になります。

アレルギー反応も少なく頭皮にもやさしい若返り法です。また治療回数も2回が基本となっているので治療を受ける際にも通院の負担が少ない育毛治療と言えます。また何よりもご自身の細胞、「PRP(多血小板血漿)」を使うという安心感があります。

発育不全の毛根に 再生医療の可能性

血小板の中にはさまざまな種類の成長因子(サイトカイン)が含まれており、それらは細胞の増殖や組織を活性化する作用があります。これらの因子が複合的に働くので、PRPを組織に注射すると傷の改善のほか薄毛の治療が可能になります。特に毛根に対しては「抗アポトーシス」効果があるといわれています。PRPで活性化された抗アポトーシス調整因子が、毛周期中の毛乳頭細胞の生存期間を延長します。

つまり、PRPは毛のもとになる細胞の死を防いで細胞寿命を長くしたり、毛根幹細胞の分化の促進や毛周期の成長期を延長したりできるというわけです。また毛根周囲の血管新生も刺激するので、抜け毛が減り生える毛の本数が増えるとも言われています。PRP育毛治療はご自身の血液を使用するので、アレルギーや副作用の心配がなく、他の育毛治療に比べてもきわめて安全な治療法です。

治療回数は3ヶ月で3回を1クール、その後は状態により3ヶ月~半年に一回が基本となっています。治療を受ける際にも通院の負担が少ない育毛治療といえるでしょう。
一般的な育毛治療に使用される内服薬は女性には使用することができません。

PRP毛髪再生医療は、「自分自身の細胞」を使うという何にも変えれない安心感があります。

※HARG療法は幹細胞から抽出した成長因子を用いており、PRPと類似する部分もあり、効果もあると思いますが、自分自身の細胞ではありません。

薄毛の種類とメカニズム

男性型脱毛症とは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

AGAとは、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGAの発症には、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが大きく関与していることがわかっています。

通常、髪の毛は、伸びては抜けてまた生える、ということを繰り返します。
しかしDHTの影響により、髪の毛が生え変わる仕組みのヘアサイクルが極端に短縮されてしまい、髪が十分に育たないまま細くて短いうちに抜けてしまい、結果、地肌が見えるようになります。
これがAGAのメカニズムです。

女性における男性型脱毛症とは?

女性に見られる薄毛にもいくつかのタイプがあります。
「FAGA」は、Female Androgenetic Alopeciaの略で、日本では「女性における男性型脱毛症」と呼ばれています。女性の体の中にも男性ホルモンであるテストステロンは存在しますが、その血中濃度は男性のおよそ20分の1と少なく、また髪を成長させる役割を持つ女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌も活発です。
しかし、加齢などの原因でエストロゲンの分泌量が減ると、相対的に男性ホルモンが優位になり、薄毛や抜け毛につながってしまいます。これがFAGAの原因です。

また、中年期以降の女性にもっともよく見られるタイプの薄毛としてびまん性脱毛症があげられます。

びまん性脱毛症は女性特有の脱毛症で、加齢や頭皮の栄養不足が原因となって起こる薄毛の状態を指します。部分的に脱毛するのではなく、髪の毛全体の量が減り、一本一本が細くなってしまうものです。30代以降の女性に多く見られる症状で、頭部全体の髪の毛が均一に脱毛してボリュームも減りぺたんとして老けた印象になってしまいます。

最近では、抜け毛・薄毛で悩む女性が急増し、加齢とともにその比率は高まっています。 放置しておくと症状が進行して、頭全体の毛が細くなってしまい頭皮の地肌が見えるようになってしまいます。

健康的な髪を取り戻すために、症状に合わせた適切な治療が大切です。

主なAGA治療

現在のAGA治療は内服薬や外用液を使って治療する方法や育毛メソセラピーなどで 頭皮に直接育毛成分を注入する方法など様々な方法があります。

外用薬 内服 メソセラピー 自毛植毛 HARG療法 PRP
効果 効果は個人差がある 効果あり 効果あり 高い効果 高い効果
副作用 可能性あり 可能性あり 可能性あり 可能性あり ほとんど無し
- - 合併症などのリスクあり 他人の細胞を培養して抽出した成長因子を使うため副作用の可能性がある 自身の血液使うので副作用の心配はほとんど無し
治療内容 AGAの治療方法で最も一般的なのが内服治療。現在ではフィナステリドやデュタステリドと呼ばれる内服が主流です。 ヘアサイクルの乱れを正常に戻す効果が期待できます。このほか外用液として多く用いられているミノキシジルを含有した内服薬もあります。 外用薬のミノキシジルは有効成分の濃度が高いものは医療機関で扱っている場合があり、成分の濃度が高ければ、有効性も高くなると考えられています。 育毛や発毛に必要な栄養・薬剤を頭皮の内部へ直接投与する治療法です。 主にAGA治療薬やビタミンなどが頭皮に注入されます。最近では針や注射器を使わずに電気パルスを用いた手法で行われることもあります。 自身の後頭部などの、AGAの影響を受けないとされる毛組織を脱毛箇所へ移植する治療法です。 術後の髪の定着率は高いとされているものの、頭部に関わる外科手術のため合併症などのリスクがあると言われています。 メソセラピーと同じく頭皮に直接注入する治療法です。メソセラピーは皮下に直接薬剤を注入する療法全般を指しますが、HARG療法は幹細胞から抽出した成長因子を使用するという特徴があります。ただ、他人の脂肪細胞を培養して抽出した成長因子を使うので副作用の心配があります。 自分自身の血液を採取し、PRPを抽出、頭皮に注入をする治療法です。修復能力が優れた多血小板血漿に含まれる成長因子が頭皮のサイクルを活性化し、頭皮の再生を促します。高い効果が期待できるのに加え、自身の血液成分を利用するため、安全性も高いのが特徴です。

当院のPRP毛髪再生医療

当院では、悪化した頭皮や毛根の状態を血小板内に含まれる、成長因子で改善を促し、健康なヘアサイクルに戻すことで「元々体の機能として備わっている発毛力」を引き出す治療法となっています。

現在は様々な治療法があり、それぞれそれなりの成果の期待できる治療法となっているとは思いますが、様々な文献からもPRPを用いた方法がより良い効果があったとの報告もあり、そして何よりも自分自身の細胞を使うことが「自分のために」いい方法だと言えます。

当院では、「より安全に、より効果のある治療」を提供する。この考えに沿って今最も適しているのが、この「PRP毛髪再生医療」だと考えています。

PRP毛髪再生医療を選ぶメリット

  1. 自身の採血を使うのでアレルギーなどの副作用は心配はない
  2. 通院回数が少なくて済む
  3. 男女問わず治療が受けられる
  4. 頭皮にまんべんなく浸透
  5. 飲み薬との併用が可能

よくあるご質問

  • 男性・女性関係なく効果はありますか?また遺伝性の脱毛にも効果がみられるのでしょうか??

    男性のAGA、女性の薄毛にも効果が認められます。ただし何らかの免疫性疾患による脱毛の場合、効果が出ないことが予想されます。

  • 治療を受けられない人はいますか?

    妊娠中の方、全身状態のすぐれない方、免疫疾患、癌治療中の方は控えてください。また、喫煙されている方は効果がでにくいとの報告があります。

  • 効果はいつぐらいから現れますか?

    人により個人差がありますが、大体2~3ヶ月ほどで実感し始めると思います。
    また、最初の2~3週間は新しいヘアサイクルに生まれ変わる過程で、一時的に脱毛が増加する可能性があります。ヘアサイクルが通常に戻ると新しい毛髪が生えてきますのでご安心ください。

  • HARG治療との違いを教えてください。また効果は高いのでしょうか?

    HARG (Hair Re-generative)療法は脂肪幹細胞から抽出した成長因子を頭皮に注入し発毛を促す治療法です。
    当院ではHARG療法は経験がないのでPRP育毛治療と単純に比較はできませんが、文献検索をすると圧倒的多数のPRP育毛治療についての報告があります。
    それだけPRP療法に対する信頼性が高いといえます。
    また他人の脂肪細胞を培養して抽出した成長因子より、ご自身の血液から作ったPRPを使用する方が安全性は高いといえます。

  • 通院はどの程度必要ですか?

    当院では1ヶ月に一回×3回を1クールを基本セットとしてオススメしております。その後は3ヶ月から半年に一度経過を見ながら、必要に応じて追加の注射を行います。

お電話で予約

092-624-2077

【電話受付時間】 平日9:00-18:00

土日祝日 または平日18:00以降070-4104-3724

メールで予約

事前にご相談希望の方は以下 「メール相談」よりご連絡ください

メール相談

当院ではご来院前の「メール相談」 を受付けております(匿名可)

注意事項

PRP療法は説明を理解していただいた上で、心身ともに健康な方のみ適応です。年齢制限はありませんが、未成年の方は親の同意をいただきます。

PRP治療を受けられない方

  • 妊婦
  • 貧血クエン酸ナトリウム水和物にアレルギーがある
  • 骨髄機能低下
  • 悪性腫瘍
  • ウイルス性疾患
  • 腎機能障害
  • 自己免疫疾患・膠原病 (リュウマチ、 SLE、バセドー病、皮膚筋炎など)
  • 甲状腺機能異常
  • 発熱時
  • 血小板異常による疾患(敗血症など)
  • 肝機能障害 (慢性肝炎、肝硬変)
  • HIV感染症
  • アレルギー疾患等頭皮に異常がある方
  • 脾機能亢進症
  • 門脈圧亢進症
  • 自己免疫性溶血性貧血

※上記のほかアレルギーのある方はお申し出ください。
※ステロイド薬を多量に服用している方は治療が受けられない場合があります。
※円形脱毛症は専門皮膚科での治療を第一選択となります。
※喫煙をされている方は効果があらわれにくい場合がありますのでお控え下さい。

リスクと副作用について

ご自身の血液を用いるため、アレルギー等の発症はほぼ無いといえます。しかし、医療においてリスクがゼロというのは原則ありません。
また治療部位を不衛生な状態にすると感染がおこる可能性もあります。治療効果については個人差があります。

詳細

  1. 自分の細胞を注入する治療ですのでほぼアレルギー反応はほぼありませんが、ごくまれに腫脹、発赤が1週間以上続く方がいます。
  2. 頭皮が出血する場合がありますが、止血を行いますのご安心ください。通常だと、数分で出血はおさまります。
  3. 頭皮に注入後、数時間に及び赤みが続く方がいます。
  4. 採血をする箇所に、採血跡が数時間残ります。
  5. 毛根が消失している方には残念ですが効果がありません。毛があるが細い、薄いでお悩みの方にお勧めしている治療法です。
  6. 効果が現れにくい方もいます。

治療後の注意点

  1. 治療当日の洗髪はお控え下さい。
  2. 治療当日は激しい運動、サウナ、入浴を避け、飲酒もお控え下さい。
  3. 治療前後の1週間はヘアカラーやパーマの施術はお控え下さい。
  4. 頭皮への外用剤は翌日から使用が可能です。