変形性関節症

OSTEOARTHRITIS

手術・人工関節以外の新たな選択肢

一度すり減ってなくなった軟骨は自分の力では元に戻ることができないため、変形性関節症の根本的な治療は難しいと考えられてきました。しかし、体内にある「幹細胞」を使用する再生医療が、変形関節症の原因にアプローチする新たな治療法として注目されています。

これまで一般的だった治療法

従来の保存療法(手術以外の治療法)では、痛みの緩和のためにヒアルロン酸の注射やリハビリテーション、薬の内服などが一般的に行われています。しかし、病気の原因を取り除く根本治療ではないため、症状の進行は止められません。症状が進行し、軟骨がすり減っていけばやがて歩行が困難となり、体への負担が大きい人工関節などの手術をせざるを得なくなります。

ヒアルロン酸注射の概要・懸念点

ヒアルロン酸注射での治療

関節の間にある関節液内のヒアルロン酸が減少すると、骨と軟骨がこすれて痛みを感じます。そこでヒアルロン酸を補給注入することで、軟骨を保護して痛みを緩和します。しかし、下記のような懸念点があります。

  • 効果が短い(1回のヒアルロン酸注射の効果持続期間は、1〜2週間程度)
  • 長期間繰り返し注入した場合、痛みを軽減する効果は徐々に減弱していく

ヒアルロン酸は痛みを軽減する一方で、痛みの原因である軟骨のすり減りが改善しているわけではないので、無意識に無理な動きを続けてしまい関節機能の悪化を早めてしまうというデメリットもあります。


人工関節の概要・懸念点

人工関節での治療

人工関節置換術とは、傷んだ関節を金属やセラミック、ポリエチレンによる関節面に置き換える手術です。痛みの原因となっている部分を取り除くため、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果は大きいです。しかし、下記のような懸念点があります。

  • 手術に伴う合併症(血栓症や感染症など)のリスクがある
  • 入院が必要
  • 長期経過中に不具合(摩耗・ゆるみなど)が生じる可能性がある
  • 関節が曲がりにくくなり、正座や激しい運動が出来ない

「手術にはリスクがあるため怖い」「家庭や仕事の事情で入院が難しい」といった理由で手術をしたくない、できない方は、保存療法を行いながら痛みを我慢するしかありませんでした。


変形性関節症に
再生医療を取り入れると?

私たちの身体には、赤血球や皮膚、軟骨など様々な組織の細胞に変化する能力を持つ幹細胞という細胞があります。幹細胞には、傷ついたり弱ったりした細胞を修復する働きがあります。この幹細胞の自己修復力を高め、擦り減った軟骨に働きかけて機能を修復することで、本来備わっている身体機能を正常に戻すというのが変形性関節症における幹細胞治療です。つまり、休息や食事など自分の力だけでは機能の修復や回復ができない部分を、自分の細胞の力を高めることで修復するということです。

再生医療を取り入れるメリット

  • 短期的な効果ではなく、根本治療が期待できる

    薬剤のような一時的な痛み緩和ではなく、傷んだ関節自体を再生して関節間の摩擦や骨同士のぶつかりを改善し、悪化する前の正常な状態に近づけます。

  • 手術をしないため、リスクや体への負担が少ない

    幹細胞をひざ関節に注射することですり減った軟骨が再生され、痛みの軽減が見込めます。自分の細胞を使うため身体へのリスクもありません。

  • 入院が不要

    脂肪の採取は注射で行い、15分ほどで完了します。培養後の細胞投与も注射で行うため、ひざを切開することはなく、入院する必要はありません。

  • 治療後の日常生活の制限がない

    治療後に特別な器具や機器を使うことは原則ないため、日常の生活に負担や制限などがありません。


これまでの治療と再生医療の違い

これまでの治療

これまでの変形性関節症の治療

初期では内服薬とヒアルロン酸注射による痛みの緩和治療を行いますが、多くは病状の進行が止められず徐々に効果が得られなくなります。しかし他に選択肢がないために、しかたなく同じ治療を続けられているのが実態です。重症化して、体への負担が大きい人工関節手術を選択しなければならない方もいらっしゃいます。

再生医療の治療

再生医療による変形性関節症の治療

再生医療という新しい選択肢を、内服薬やヒアルロン酸注射の効果が十分でないにも関わらず、他の選択肢がなくお困りの方、また人工関節手術をすすめられているものの決心がつかず、他の治療法をお探しの方にご紹介します。症状の進行・悪化を食い止めるだけでなく、関節の機能回復(悪化前の状態に戻すこと)までを視野に入れて、研究や実際の治療が行われています。

朱セルクリニックの
再生医療の特長

  1. Feature 1

    治療の効果を最大限に引き出す幹細胞治療+PRP治療

    幹細胞治療+PRP治療

    PRP(多血小板血漿)とは、血液中にある血小板を濃縮した液体のことを言い、新しい組織や細胞の成長を促す栄養素が豊富に含まれています。血小板の持つ自然治癒能力によって、関節の炎症を抑える効果があります。自身の血液で、効果の高いヒアルロン酸を作るというイメージです。

    培養した幹細胞を注入して関節自体を再生させることをベースに、痛みの程度など状況によってPRPも注入することで、治療の効果を最大限に引き出します。

  2. Feature 2

    自己脂肪由来の幹細胞を使うから、体の負担が少ない。

    当クリニックで行う再生医療は、「自己脂肪由来幹細胞治療」です。自己脂肪由来幹細胞治療は、まず患者の身体から取り出した幹細胞を生体外で培養し、一定の量まで増やしてから患者本人の体に戻します。戻す細胞は自分自身の細胞なので拒絶反応やアレルギーが起きにくく、安全性の高い技術です。

    今最も注目の最先端医療技術であり、国内外の数々の医療研究機関によって効果やメカニズムが研究されています。

  3. Feature 3

    国内トップクラスのCPC(細胞培養加工室)と連携

    自己脂肪由来幹細胞治療を行うには、培養技術がとても重要です。ポイントは2つあります。

    ①幹細胞の生存率
    培養した幹細胞は生きているものを投与しないと意味がありません。生存率が高いほど、身体に定着しやすくなります。
    ②幹細胞の大きさ選定
    ただ幹細胞を増やすだけではなく、血管の中をスムーズに動ける大きさのものを選定する必要があります。

    当クリニックのある九州再生医療センターには、この①②を満たす国内でもトップクラスの技術力を持つCPC(細胞加工施設)も入っています。高い技術を持つCPCと連携を取ることによって、高水準の幹細胞治療を提供することが出来ます。

  4. Feature 4

    治療後のリハビリプログラムも提供

    当クリニックのある九州再生医療センターには、リハビリ施設も入っています。痛みや損傷の源に働きかける幹細胞治療やPRP治療に「リハビリ」をプラスすることで、一度は衰えた筋力をトレーニングし、回復を目指します。

    クリニックとリハビリ施設が同センター内にあるため連携が取りやすく、治療から一貫した流れで、患者様に合わせたより効果の高いプログラムをご提案します。筋力トレーニングやストレッチによる柔軟運動のほか、「徒手療法」を取り入れたリハビリで日常生活で実用的な動きを「体と脳に学習させる」プログラムなどがあります。

患者様の声

今まででは考えられないくらい歩けるようになりました。

私は、長年旅行社に勤務しています。平均体重より10kgほど、体重がオーバーしているため膝に負担がかかり正座をすることが出来ません。右足も少し曲がっています。右足が曲がっているため、歩き辛く、足がうずいてかなり痛い感覚でした。

仕事で添乗に行くにもかなり辛く歩けず長年苦しんでいました。

息子から再生医療のことを聞き、絶対にやった方が良いと勧められて、思い切って1回再生医療を受けてみました。

たった一度の治療で痛みが全くなくなり今まででは考えられないくらい歩けるようになりました。 私の通うスポーツジムの友達もびっくりしています。今では修学旅行の添乗で、1万歩以上歩けるようになって本当に感謝の言葉しかありません。

変形性ひざ関節症の患者様 70代 Yさん

ご相談から治療の流れ

  1. 1
    電話またはメールで無料相談
  2. 2
    専門医による診察
  3. 3
    脂肪採取(15分ほど)
  4. 4
    幹細胞培養(4〜6週間ほど)
  5. 5
    幹細胞移植(注射で投与)
電話受付 無料メール相談