肝障害

liver disorder

肝障害でお悩みの方へ

肝障害とは

肝障害(肝機能障害)とは、肝細胞が障害され壊されてしまう状態のことを言います。原因はいくつかあり、多くの場合は健康診断による血液検査での異常値で発見されます。

肝障害の主な原因は「ウイルス性肝炎」、「アルコール性肝障害」、「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」、「薬物性肝障害」、「自己免疫性肝炎」の5つに分けられます。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、初期の段階では自覚症状が表れづらく、気付かないまま病気が進行する場合が多いです。

そのため、そのまま放置され肝硬変や肝がんへと悪化していき深刻な症状が表れ始めます。肝炎の種類によっては全身の疲労感や倦怠感、食欲不振、発熱などの風邪に似た症状が表れるのも特徴です。

肝障害の大部分「肝炎」

肝炎の大部分は、肝炎ウイルスによる感染が原因です。 肝炎ウイルスが肝細胞に感染すると、これを対外に除外する「免疫」という反応により炎症が起こり、肝臓に集まったリンパ球がウイルスに感染している肝細胞を攻撃します。

日本では肝炎の原因として、約70%がC型肝炎ウイルス、15~20%がB型肝炎ウイルスの感染によるといわれています。 また、ウイルス感染ではなく、誤って自分の肝細胞を攻撃する「自己免疫性肝炎」というものが原因となる場合もあります。 しかし、肝炎と肝硬変の原因は、ウイルス感染や自己免疫性肝炎によるものだけではありません。 アルコールの飲みすぎや肥満、糖尿病などによって、肝細胞に脂肪が溜まる場合も肝臓に炎症が起こります。 これを「脂肪性肝炎」と呼び、慢性肝炎と同じように肝線維化が進むと肝硬変、肝がんを併発する場合もあります。

肝障害の具体的な症状

肝障害の症状例を疾患ごとに紹介します。

肝炎の場合

肝炎は突発的・一過性が特徴の急性肝炎、半年以上症状がおさまらない慢性肝炎、急性肝炎の中でも特殊で1週間から十日程度で死亡する可能性もある劇症肝炎の3つにまとめられます。


肝硬変の場合

肝硬変は、肝臓の働きがある程度保たれている代償性肝硬変と肝臓が十分に機能しなくなった非代償性肝硬変の2つに分けられます。いずれでも種々の症状を認めますが、非代償性肝硬変では特に多くなります。


肝がんの場合

幹細胞治療が、肝障害に期待できる効果

自己脂肪由来幹細胞治療を用いることで免疫拒絶を伴わないことが考えられます。 複数回の処置が可能で、大きな手術を必要とせず経静脈・動脈投与が可能となります。 比較的低コストで行えるなどのこれらの現状を受けて,肝移植を補う非侵襲的な治療法として自己脂肪由来幹細胞治療が期待されています。

肝障害に期待できる効果

  • 慢性肝炎の改善(肝臓の数値の回復)
  • 全身の倦怠感、食欲不振など肝炎に伴う風邪のような症状の改善
  • 肝障害の進行に伴う黄疸の解消
  • 肝障害の悪化による肝硬変や肝がんのリスクの回避

※効果には個人差があります。

肝障害の従来の治療法

肝障害の大部分である肝炎や肝硬変がウイルスによるものであれば、肝炎ウイルスに対する薬物療法が最も重要です。 抗ウイルス薬によって肝炎ウイルスを排除したり、ウイルスの増加を抑えると肝臓の炎症は治まります。 その結果、肝線維化の進行が止まり、肝がんが発生するリスクも低下します。 また、時間はかかりますが、肝臓に溜まった線維が溶けて硬くなった肝臓が元に戻ることもあります。 抗ウイルス薬が効かない場合や使用できない場合には、肝細胞が破壊されるのを抑える薬を内服、または注射で投与する肝庇護療法を行います。 体内の鉄の量を減らす瀉血療法も肝細胞が破壊されるのを抑えるのに有効です。

自己免疫性肝炎では、免疫の力を抑えるために副腎皮質ステロイドを投与します。 また、脂肪性肝炎では、禁酒や食事療法と運動療法による体重制限が最も重要な治療法です。 これらの治療で改善しない場合は、薬物療法を行う場合もあります。

肝障害への幹細胞治療の流れ

STEP

01

ご来院予約

当院は完全予約制となっています。
ご来院頂く方は「お電話」または「メール」にてご連絡ください。

STEP

02

専門医による初診カウンセリング

問診票にご記入いただき、痛みの症状に合わせた治療法をご相談いたします。
自己脂肪由来幹細胞治療、PRP療法などのご説明をさせていただきます。
関節疾患のMRI画像(直近1年以内のもの)をお持ちの方はご持参ください。
画像をお持ちで無い方は連携医療機関にて撮影をお願いしています。

STEP

03

最適な治療法をご提案

MRI画像や直近の健康状態を確認して、最適な治療計画をご提案します。
治療内容・治療期間の目安・料金など詳しくご説明いたします。

STEP

04

治療の開始

幹細胞治療の場合は治療に必要な血液検査、少量の細胞採取、感染症の検査をおこないます。 細胞の培養に必要な血液採取も採血検査と同時に行います。また、脂肪採取の際には局所麻酔を使用しますので痛みはほとんど感じません。

自己脂肪由来幹細胞治療の場合

  • 米粒2つ分ほどの脂肪を採取します。
  • CPC(細胞加工施設)にて約40日の期間、細胞の培養をおこないます。
  • 実施する部位により点滴や注射器を用いて培養した幹細胞を投与します。 ※細胞投与日は事前に決定しますので投与日変更は出来ません。必ずご指定日に来院ください。

STEP

05

治療後は経過観察

治療後のご注意事項をお伝えします。
自己脂肪由来幹細胞治療・PRP療法による再生医療は、術後すぐに痛みが全て消え去るような性質ではなく通常数ヶ月かけて徐々に回復していく療法になります。ですが、少しでもご不安に感じられる場合は治療後もご連絡ください。

当院では、肝障害に対して、幹細胞治療を受けていただけます。

医療法人香華会 朱セルクリニック福岡院は、厚生労働省に治療計画が受理された後、医療活動を行っております。

肝障害に対して、厚生労働省認定の再生医療「(計画番号:PB7180030)」を受けていただけます。

本再生医療等は肝障害の症状改善を目的として、再生医療等を受ける患者様から採取した脂肪から製造した脂肪由来幹細胞を関節腔内に投与するものです。

自己脂肪由来幹細胞治療について
もっと詳しく
電話受付 お問い合わせ