2020.05.14 変形性関節症

変形性関節症に対する幹細胞治療の効果は?再生医療医がわかりやすく解説

今回は変形性関節症に対する幹細胞治療についてお話しします。幹細胞治療は再生医療の1つであり、根本から症状の原因を解決することを目的とした治療です。

変形性関節症の多くは膝に生じますが、関節にある軟骨がすり減って膝に強い痛みをきたす病気です。その原因には、加齢や肥満、O脚、ケガなどが挙げられます。一度すり減った軟骨は再生することはなく、放っていると症状は少しずつ悪化していきます。

再生医療は、今までの治療法では叶わなかった軟骨そのものの再生を促します。今までの治療で満足のいく効果が得られない方、手術は避けたい方などが多く治療を受けていただき快適な生活を送られています。

変形性関節症に対する幹細胞治療とは


変形性関節症に対して行う幹細胞治療は、今注目されている最新の治療法です。最近は少しずつ認知が広がってきており、その効果も多くの施設で立証されています。

幹細胞治療は、すり減ってなくなってしまった軟骨の修復やダメージを負っている半月板の修復を目的としています。そうすることで、関節内の炎症や痛みを改善でき、歩行などの体の動きをスムーズにします。

例えると、錆びて表面がガタガタになったポールを少しずつコーティングしていきます。そして、ポールの表面をなだらかにして補強していくイメージです。そうすることで、接合部の動きがスムーズになり引っ掛かりもなくなります。

 

再生医療は、このような方にオススメです。
・現在の治療では満足いく結果が出ていない
・手術は避けたい
・根本的な原因を解決したい
・一生涯病院に通院し続けるのは苦痛に思う

 

変形性膝関節症の方が再生医療を行うと、歩行時はもちろん、階段の上り下りや椅子から立ち上がる時などに悩まされていた膝の痛みが改善されます。
ご自身の足で自由に行きたいところに行けるということは、豊かな生活をするための必須要素です。

自由に移動できないということは、仕事や趣味、家庭生活を自由に楽しめないということです。ですが、一度変形性膝関節症となっても再生医療で改善が期待でき、それは、従来の治療とは異なる方法で症状を軽減します。

変形性関節症に対する<幹細胞治療>が今までの治療と違う点

従来の治療法では、すり減った軟骨の代わりにヒアルロン酸を関節内に注射していました。以前から行われている治療であり、もちろん一定の効果は望めます。

ですが、一度ヒアルロン酸を注入しても、その直後から体内に吸収されはじめます。そのため、一生涯月1回など定期的な通院治療が必要となります。
また、人工的に作られたものを体内に入れることに抵抗がある方もいらっしゃいます。

また、ヒアルロン酸注射では痛みが改善されなくなった方や重症な方には手術が必要になります。手術となると人工関節を体内に入れたり、傷跡も残りますし大掛かりな体に非常に負担となる治療となります。また、入院期間も必要となります。手術に耐えられるほどの体力がないご高齢の患者様は、手術を断念する場合もあります。

一方、再生医療は傷ついて失ってしまった軟骨そのものを修復できるため、定期的な長期間に及ぶ通院の必要性は低くなります。また、治療は注射と点滴で行われるので、手術のような体への負担は非常に少なくすみます。

変形性関節症に対する幹細胞治療の流れ

カウンセリング:医師が診察と体調の確認を行います。
  ↓
脂肪採取:皮膚をごく小範囲切開して米粒2つほどの少量の脂肪を採取します。
     施術中は局所麻酔を行いますので、痛みはほぼありません。
  ↓
幹細胞培養:約5週間をかけて機能性の高い幹細胞を培養します。
  ↓
幹細胞注射:関節に直接幹細胞を注射します。
      とても細く小さな針で施術を行いますので痛みは最小限となります。

 

注射後数日は稀に関節に熱感や腫れを感じる場合があります。ですが、これは幹細胞が組織を修復しようとする過程で生じる反応なので悪い反応ではありません。ご安心ください。時間とともに自然に治まっていきます。

幹細胞治療を含め再生医療は自由診療であり、保険診療と比較すると高額です。しかし、保険診療で治療を続けた場合の精神的負担・金銭面の負担・通院などに費やす時間の負担が生涯続くこと考えると、再生医療で根本的な原因から解決を図ることの方がはるかに全体的な負担が少ないと思います。

また、人工物を体内に入れることなくご自身の体を自然に修復できると考えると、ご高齢で手術に耐えうる体力のない方にも受けていただきやすい治療です。

 

今回は、変形性関節症と幹細胞治療についてお話ししました。ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

医療法人香華会 朱セルクリニック福岡院
再生医療医 久保田奈緒