【再生医療】薄毛の悩みを解決!AGA治療にPRP療法が有効な理由とは?

今回は再生医療とAGA治療についてお話しします。最近、薄毛治療(AGA治療)にご興味のある方が男女問わず増えています。髪の毛に悩みがなく、好きな髪型で好きな外見の自分でいれる。こんな日々はどんなに人生を豊かにするでしょう。

再生医療はAGAにもとても有効な治療法です。

具体的には、PRP療法(多血小板血漿療法)という注射の治療で、頭皮の再生を促す作用があります。AGAの治療法によっては女性は受けられないものもありますが、PRP療法は女性も安心して施術をお受けいただけます。

AGA治療は最初の1歩に勇気がいりますが、この記事でその不安が解消されることと思います。

AGAに再生医療が効果的な理由


AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンや遺伝、ストレス、生活習慣などを原因とする薄毛の状態を言います。男性の90%以上がAGAと考えられています。
進行性なので、治療をしなければどんどん髪の毛はなくなります。進行の早さは人それぞれですが、最終的には全く髪の毛のない状態が待っています。これを防ぐには早めの対策が大切です。

 

再生医療におけるAGA治療は、PRP治療が挙げられます。

・PRP療法

PRPとは濃縮した血小板を意味しますが、PRP療法はご自身の血小板の作用を利用して、毛髪が育ちやすいように頭皮の環境を整えて、かつ毛髪が育つ力を強くする治療法です。

血小板から「成長因子」というものが分泌されますが、これは傷を治す力に長けています。この成長因子によって、さまざまな要因で弱っている髪の毛を作る細胞の機能を改善します。

 

また通常は、この細胞は血管を通る血液から栄養を受け取ることで正常に機能できますが、AGAの患者様はこの血管もダメージを受けています。そこで、PRP療法ではダメージを受けて弱っている血管も修繕します。

つまり、PRPは花壇に撒く強力な肥料のようなものです。肥料は花が育つためには欠かせない栄養剤であり、花が育ちやすいように土を整えてくれます。もちろん、花は肥料なしでも育つことは可能です。

ですが、立派になるまでに時間がかかったり、弱々しく育ってしまったり、育ってもすぐに散ってしまったりと満足いく結果に至らないことも多いです。AGAも同様です。PRP療法で毛髪が育ちやすい土台を整えることが非常に重要です。

 

また、AGA治療はこのような方におすすめです。

・抜け毛が増えた。
・髪の毛にコシがなくなって弱い毛が増えた
・生え際が後退してきた。M字がハッキリ刻まれている
・髪型セットで地肌が隠せているかいつも心配
・みんなの目線が気になる
・お風呂あがりに鏡を見て落ち込む
・薄毛家系だから自分も薄毛になると思う。だから、早めに対策をしたい

 

このようなお悩みのある方は、一度AGA治療のカウンセリングをおすすめします。AGA治療は早めに始めることでより治療効果が期待できます。

早めの再生医療によるAGA治療をオススメするわけ

AGAが進行すると、毛包という毛髪を作る装置が小さくなったり機能が低下したりします。そして、最終的にはなくなってしまいます。

PRP療法は、この死にゆく毛包を救って寿命を長くします。また、頭皮環境を整えたり、機能の低下した毛包がもう一度しっかり毛髪を作ることができるようにとサポートする治療法です。

つまり、毛包があること前提の治療です。そのため、毛包が完全になくなってしまう前にAGA治療を開始することが大切です。

また、今は正常に機能している毛包でも、治療をしなければ将来はAGAの影響を受けます。すると、せっかくある毛包の寿命が短くなり通常より早い段階で機能が低下し新しい毛髪が生えなくなります。この正常な毛包を守るためにも、早い段階での再生医療がオススメです。

PRP療法の治療の流れ

患者様から採血を行い、PRP(濃縮した血小板)を作成します。そして、PRPをごく小さな針を用いて直接頭皮へ注射します。患者様とご相談しながら、特に気になっていらっしゃる箇所には重点的に注射を行います。

痛みは、局所麻酔を十分に行いますのでご安心ください。また、施術はカウンセリング当日に行うことができます。

治療効果は、個人差がありますが一般的には約2~3ヶ月で実感し始めるといわれています。
治療頻度は、「1ヶ月ごとの施術を3回」を1クールとしオススメしています。その後は、経過を見ながら患者様と一緒に追加治療の相談を行います。

生活習慣を改善することで発毛を促そうとされる方もいらっしゃると思います。
もちろん効果的ですが、効果を得るまでは非常に時間がかかります。その間にも、毛包は弱っていき回復できずに死滅してしまいます。効果が出ても、改善された生活習慣を永久的に継続する必要があります。

また、AGA治療に内服薬を使用する方法もありますが頭痛や多毛症、性機能異常など副作用がでる可能性があります。

 

再生医療は、ご自身の細胞を材料とするので安全性は非常に高く継続しやすい治療です。数あるAGA治療の中でより安全に、より効果のある治療をご提供できます。ご興味のある方やご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

医療法人香華会 朱セルクリニック福岡院
再生医療医 久保田奈緒