2020.05.25 NK細胞

【再生医療レポート】コロナ禍の中で注目を集めている「NK細胞療法」について ~ワクチン、アビガン、レムデシビルなどとの違いとは~

世界中が新型コロナウイルスの脅威に晒される中、免疫力、集団免疫など、ニュースや紙面などで「免疫」というキーワードが多く取り沙汰されるようになりました。

そして、「重篤化するかどうか」を左右するひとつの要素と考えられているこの「免疫」に関連して、再生医療の分野における「NK細胞療法」という治療法がひそかに注目を集めています。

今回「医学的に免疫力を向上させる」というこの治療法について、再生医療を手掛ける朱セルクリニック院長の山口先生にお話を伺いました。

(※緊急事態宣言発令中のため、オンライン取材となります。)

 

免疫力を高める「NK細胞療法」

──山口先生、本日はよろしくお願い致します。まずは簡単に略歴などをお聞かせいただけますでしょうか?

 

山口医師:はじめまして。朱セルクリニック院長、再生医療医の山口と申します。
 
簡単に経歴を申し上げますと、東邦大学医学部を卒業後、同大学病院にて内科、内分泌、糖尿病などを扱う第二内科という所に所属しており、同大学の第二整形外科では、関節、中でも変形性関節症に関する症例を多く扱ってきました。

また、同大学のICU(救命救急センター)にも2年ほど勤めておりました。
 

再生医療に関しては、再生医療法等ができる前からなので、かれこれ15年ほど扱っています。

内科分野においても整形外科分野においても、現行の再生医療のベースになるような治療を、それらが「再生医療」と呼ばれるようになる前から扱っております。

現在は朱セルクリニックにて、現場で再生医療医として治療を行なっています。

 

 

──ありがとうございます。山口先生が院長をつとめられている朱セルクリニックでは、この度のコロナショックを受け、「NK細胞療法」という治療法の周知に力を入れていくそうですが、これはどういった経緯からでしょうか?

 

山口医師:背景としては、この恐ろしいウイルスの流行によって「免疫」というキーワードが改めて注目され、再生医療分野における免疫療法、中でも今回お話しさせていただく「NK細胞療法」に関する当院へのお問い合わせが非常に増えたということが大きいです。
 

世界的にも未だ特効薬と呼べるものがないという状況の中で、高齢者や既往症のある方々、つまり「免疫力が低下している」方々の死亡率・重篤化率が極めて高い。
 
「では免疫力を高めるには具体的にどうすればいいのか」ということを詳しく調べられた方が、こうした予防法にたどり着いているのかなと思います。

次のページ:免疫 =「体内に侵入した毒素や病原菌に抵抗し、打ち勝つ能力」