2020.06.04 再生医療

再生医療は負担が少ない?身体・時間・気持ちの3つの指標で比較

治療法を迷ってる人は案外多くいます。
治療を諦めてる人も多くいます。

 

病気になったらもちろん病院に行きます。

ほとんどの人は、最初は保険診療の病院に行きますね。再生医療などの自由診療は最初から受けません。

そして、糖尿病とか変形性関節症とか何らかの診断を受けて、「お薬飲みましょうね」「注射しましょう」と医者に言われ無条件に治療を受けますね。

症状、良くなっていますか?

今日は、保険診療を信じて受けているけど症状が良くならなくて困っている方に向けてしゃべります。治療法は保険診療だけではありません。

負担のない治療が良い


みなさん、どんな治療を受けていますか?

 

病気やその方によって治療法は異なります。
でも総じて、大半はお薬を飲んだり、注射をしたり。

そして、診察では医者に「この治療で治らなかったら手術しかないですよ」「生活習慣をもっと改めないと透析しないといけませんよ」と脅されてびくっとしたりだと思います。

今のお薬や注射で負担なく治療はできていますか?無自覚な方もいますが治療にはいろんな負担が付きまといます。

身体の負担

お薬や注射には、副作用があります。

必ず生じるというわけではありませんが、例えば、頭痛でもらった痛み止めで胃が荒れたり、風邪で飲んだ解熱剤で蕁麻疹がでたり、糖尿病でもらった飲み薬が効きすぎて低血糖になったりはよく耳にしますね。

病気を治したくて受けた治療で体調をくずしてしまうのは、本末転倒です。
きつい中頑張って病院に行って、また新しい病気をもらってきてしまったようなものです。

時間の負担

病院に行くと、総合病院だとなおさら、待ち時間が長いです。検査と診察に平気で3-4時間かかります。
みなさん、お薬や注射を受けに定期的に通院していると思いますが、毎回こんなに時間がかかるとうんざりしませんか。

また、手術を受けるとなると入院期間が必要で、長期間仕事ができなくなります。
今までの日常生活が送れなくなると思うと憂鬱な気分になりますよね。

気持ちの負担

病気で通院をしていると、毎回病院に行くのがイヤになります。

長い待ち時間に耐えて、飲みたくない薬をいっぱいもらって、痛い注射に耐えて、病院が終わったら仕事して。病院に行って幸せと言う方には会ったことがないですし、患者さんみなさん暗い表情です。

治療に終わりがある病気はまだゴール設定があるので頑張れますが、糖尿病や変形性関節症など、対症療法しかなくて完治ができない病気は心が折れます。

一生この負担を甘んじて受けますか?
イヤな方は、他に良い治療法がないかなと探してみるといいと思います。

治療法は保険診療だけではない

私がその保険診療以外の治療の選択肢をご提案するなら、やっぱり再生医療です。

身体の負担、時間の負担、気持ちの負担がないからです。

・身体の負担 アレルギーなど副作用はありません。
・時間の負担 朱セルクリニックでは患者様をお待たせすることはありません。
・気持ちの負担 治らないと言われ対症療法しかできなかった病気を、原因の根本から解決します。

自分に合った治療法を

また、効果の面でも保険診療は全員に万能に効く治療法ではないので、残念ながら治療を続けても十分な効果が得られない方は少なからずいます。そんな方は、再生医療を試す価値が大いにあります。

もちろん、再生医療も魔法のような治療法ではないので確実に効果がでますとは言いきれません。
ですが、保険診療を受けても長年病気に悩まされていた患者様が、嘘のように回復したという症例がいくつもあるのは確かです。

もちろん、保険診療や担当医を信じて今の治療を続けられるのもいいと思います。

でも、病気は待ってくれないので、今の治療法を信じて効果を待っている時間があだになるかもしれません。
老化も待ってくれないので、受けられる治療法もだんだん限られてきます。

再生医療は、他の記事でもお話ししていますが現在最も研究が進んでいる分野の一つである最先端治療です。

また、朱セルクリニックは、厳しい審査を合格して認められた再生医療専門クリニックです。
自信を持って再生医療を提供しています。

再生医療を受ける際の負担はなにか

ここまで再生医療を褒めちぎってきましたが、最後に再生医療を受ける際の負担はなにかについてお話しします。

高額であること

それはただ1点、高額である点です。私も常々課題だなと感じています。

せっかく有効な治療法なのに、経済的な理由で受けられない方は多くいます。
生活に余裕のある方は、幹細胞治療と保険診療は迷うことのない選択肢だと思いますが、普通の方は金額の差を見ると治療を受けることを躊躇されると思います。

ですが、再生医療を受けても保険診療に戻ることは十分可能ですので一度試しに体験されてみたり、カウンセリングだけでも受けられてみるといいんじゃないかなと思います。

ご自身の病気に対して幹細胞治療を始めとする再生医療がどういった期待が持てるかという新しい情報を得るだけでもプラスに働くと思います。

再生医療は可能性を持った治療法で、保険診療で効果が出ず治療を諦めている方や新しい治療法を模索している方にもっと届くといいなと思います。

 

医療法人香華会 朱セルクリニック福岡院
再生医療医 久保田奈緒