2020.11.13 再生医療

再生医療に伴う副作用や合併症はありますか?

再生医療などの先進医療を受ける際は、その合併症や副作用についても気になるところだと思います。
今回は再生医療に伴う副作用や合併症について解説します。

治療による合併症や副作用の可能性

本治療を受けることによる危険としては、脂肪の採取や細胞の投与に伴い、合併症や副作用が発生する場合があります。

臨床試験では軽い発熱、頭痛、腰痛などの軽微な副作用、健康被害が報告されていますが、
いずれも治癒しており、後遺症が残る可能性のあるような重大な副作用、健康被害は報告されていません。

 

極稀にこういった合併症や副作用がありますが、再生医療はご自身の細胞や血液を用いるため、拒絶反応などが無く体への負担が非常に少ない治療法になります。
不安や疑問点があればお気軽にお問い合わせ下さい。