2020.11.17 再生医療

再生医療は効果が出るまでどのくらいの時間がかかりますか?治療後のフォローはありますか?

再生医療に関する疑問で非常に多く届くのが「どれくらいで効果が出るのか」といった質問です。
現在も研究が進んでいる最先端の治療法であるために、馴染みが無く、気になっている方も多いと思います。

今回はそういった再生医療の効果が出るまでの時間、そして治療後のフォローについて詳しく書かせて頂きます。

再生医療は効果が出るまでどのくらいの時間がかかりますか?

再生医療の効果実感につきましては、治療する疾患名、個人差にもよりますが、
幹細胞投与後3か月から半年を目安にお考え下さい。
 
脳梗塞麻痺などの病気をされて間もない急性期の方は効果は早めに現れる可能性が高いと言えます。
また一例として、血流の改善などは、幹細胞投与当日から効果が表れる場合もございますが、概ね3か月以上の時間をかけてゆっくり良くなることが多いです。
 
それでも本当に症状が良くなるのかどうかは不安ですよね。
こちらの記事で再生医療の症状に対する効果の疑問について回答していますのでぜひご覧ください。

再生医療で今の症状は本当に良くなりますか?良くならない場合もありますか?

治療後のフォローもご安心ください

疾病等の発生の有無その他の健康状態、治療状況等について担当医師より経過観察を行います。
定期的な通院が困難である場合は、電話連絡などにより経過観察をさせていただきますのでお申し付けください。
 
再生医療は症状に対して根本的な改善を目標としています。そのため比較的長い時間をかけてゆっくりと良くなるケースが多いです。
しかし、症状によってその効果が表れる時間も変わるため、疑問点や気になる点ございましたらぜひお気軽にお問い合わせください。