2020.11.16 再生医療

【再生医療】治療に伴う痛みはどれくらいですか?

再生医療は、患者様ご自身の細胞や血液を用いるため拒絶反応も起きづらく、非常に体への負担が少ない治療法であると言えます。
とはいえ、気になるのは実際の施術の際に感じる”痛み”です。

今回はお問い合わせも多い、再生医療の施術の際にどれくらいの痛みを伴うのかという疑問に回答いたします。

再生医療の治療は痛いですか?

再生医療では、採血、局所麻酔、皮下脂肪組織採取、幹細胞投与がございますので全く痛みが無い訳ではございません。

採血、局所麻酔、幹細胞投与におきましては注射の痛みが少々ございます。

皮下脂肪組織採取におきましては局所麻酔を行った後に行うものになり、
3㎜~5㎜程度の組織採取で熟練した医師が細心の注意を払って担当致しますので、
痛みはほとんどございません。

 

このように、再生医療はご自身の細胞や血液を用いる治療法であるため、それらの採取や投与の際は少々の痛みはございます。
しかし、大半は注射の痛み程度であり、皮下脂肪の組織の採取では局所麻酔も行います。

ですので大きな痛みや苦痛を伴うことはございませんが、不安であれば詳しくご回答致しますのでお気軽にお問い合わせください。